経営理念

経営理念

大嶋会計グループは、自らの提供する商品(知恵)の品質を高めるために、常に良質の研修(知恵の仕入れ)を行ない、専門知識を会計情報という商品に変え、その商品をお客様に提供し、お客様の発展に貢献することを通じ、社会に貢献します。

大嶋税理士事務所は、お客様の永続的発展と安定のために、「自利とは利他をいう」という最澄のことばを理念とし、法律職務であることを深く認識し業務にあたります

経営の心構え

相談され、相談できる事務所・実験ができる事務所・感動をエネルギーに転換できる事務所であることを心がけています

事務所概要

名称 税理士法人 大嶋会計
代表社員 大嶋 良弘代表者紹介
所在地 〒260-0021 千葉県千葉市中央区新宿1-1-3アクセス
TEL 043-241-6121
FAX 043-243-3430
従業員数 24名
設立 平成24年10月1日
創業 昭和39年6月
関連会社等 大嶋良弘 公認会計士事務所
株式会社OBR
URL http://www.osmk-ohb.co.jp

沿革

昭和39年6月 初代所長 大嶋明弘が大嶋明弘税理士事務所 創業
昭和49年11月 株式会社OBR 設立
平成元年1月 大嶋良弘 所長就任
平成24年10月 税理士法人 大嶋会計 設立により税理士事務所を法人化
平成25年6月 経営革新等支援機関に認定

挨拶

所長挨拶

税理士法人とはどのような業務をしているところでしょうか。一般的には、主に企業の税務申告をするために、月次データを整理し、申告書を作成・提出することが業務と思われているかと思います。
税理士法人 大嶋会計は、次のように考えています。
経営者は数値で事業を考え、数値で表現することが経営の絶対条件と考えます。当法人は会社が独自に月次で経営状況を捉える仕組みを構築し、サポートしています。決算書を事業経営の重要な情報と位置付けて、経営者とともに経営の成長を考えていきます。そのため、自社の決算書4期分を教材とする、経営者のための経営塾「新風塾」の運営を11年間行ってきました。自社の決算書を読みきり、議論し、中期計画を作り上げる塾です。
このような事業を通じ、経営者が困った時、一番最初に当法人が相談相手として位置付けられることを目指しています。
「新風塾」は2020年より、再度運営を計画しています。
また、働きながら、税理士等の会計専門家を目指す皆さんに伝えたいことがあります。当法人は、事業計画に「税理士養成計画」を明記し、実践しています。 税理士試験に真剣に臨む職員には、業務命令として1ヶ月2日の試験勉強時間を認めており、平成19年には2名が税理士試験に合格し、毎年科目合格者を輩出しています。
大嶋会計グループの発展とともに、自らの人生を豊かにし、会計専門家として社会に貢献することを願います。

プロフィール

氏名 大嶋 良弘(おおしま よしひろ)
年齢 昭和23年生
資格 会計士・税理士
略歴 昭和47年 3月 中央大学商学部会計学科 卒業
昭和56年 3月 公認会計士登録(登録番号6927)
昭和56年 6月 税理士登録(登録番号46771)
職歴 平成元年 1月 大嶋会計事務所 所長就任
平成 2年 4月 朝日監査法人(現:あずさ監査法人)社員就任(平成12年6月まで)
平成18年 6月 新日本建設株式会社 監査役就任(現任)
平成24年10月 税理士法人 大嶋会計 代表社員(現任)
役職 大嶋良弘公認会計士事務所 所長
株式会社OBR 代表取締役
税理士法人 大嶋会計 代表社員
新日本建設株式会社 監査役