ご挨拶

人間としても会計人としても成長したい。そんな情熱を持った人を求めています。

税理士法人 大嶋会計はクライアント数250を超える税理士事務所です。
早くからクライアントの自計化を推進してきたことにより、クライアントの自計化率は80%を越えております。それに伴い業務の中心は月次試算表の作成からクライアントの経営により踏み込んだものとなってきました。
税理士法人 大嶋会計は自由な風土の中で、クライアントの社長様の良きブレーンとして様々な実践の場を提供しています。また内部研修、外部研修と充実した研修プログラムを用意し会計人として成長するためのサポートを行っています。
人間としても会計人としても成長したいそんな情熱をもった人を求めています。千葉県内で大嶋会計にご興味を持っていただいた方は、是非お気軽にご応募下さい。

募集要項・採用情報

職種 税務会計スタッフ(正社員)
仕事内容 企業への会計・税務指導
税理士業務の補助
決算・申告書作成・コンサルティング業務
勤務時間 8時30分~17時30分
資格/経験/能力 年齢:20~32才位迄
日商簿記2級、又は税理士科目合格者(1科目以上) 取得見込可
※税理士を目指している方。実務経験者優遇
Microsoft Excel、Wordの使用経験
普通自動車免許
求人募集条件 ・即日勤務可能な方(入社日は相談に応じます)
・千葉県内にお住まいの方
・試験結果発表後勤務可能な方
採用人数 2名
給与/賞与/昇給 給与は当社規定による(年齢加味)
賞与:年3回
昇給:年1回
待遇/福利厚生 交通費支給(公共交通機関の定期代)
※マイカー通勤は原則不可
雇用・労災・健康・厚生・退職金制度(401k、中退共)
資格手当等
税理士試験特別休暇制度
休日/休暇 完全週休2日制(土・日)・祝祭日・夏季・年末年始・慶弔・年次有給休暇
勤務地 税理士法人大嶋会計 〒260-0021 千葉県千葉市中央区新宿1-1-3
選考プロセス 電話または、問い合わせフォームよりお問合せ → 書類選考 → 面接 → 採用
お問い合わせ 電話:043-241-6121(採用担当:松崎)
E-mail ohshima-kaikei@osmk-ohb.co.jp
エントリーはこちら

試験休暇制度

税理士法人大嶋会計は、働きながら資格を取得する人を応援します

これまで在職中に公認会計士、税理士の合格者を輩出してきた経験に基づき、近年「試験休暇制度(税理士試験特別休暇制度)」を創設して税理士試験の合格者輩出に力を注いでいます。
税理士試験に合格するためには、やはり受験専門校に通学するのが近道のようです。学校に通学できるよう社員のサポートも徹底されています。
平成19年は2名が税理士試験に合格し、税理士として活躍しています。また平成19年は1名が、平成20年には2名が、平成21年には1名が、平成22年には2名が一部科目合格しています。

試験休暇制度の概要

  • (1)1ヶ月16時間、月あたり2日の就学特別休暇
  • (2)試験直前一週間、前後の土日と試験当日を併せて10日間の試験直前対策特別休暇
エントリーはこちら

研修・育成プログラム

専門性に優れた優秀な人材を育成しています

入社後研修

新入社員は、ビジネスマナー研修(外部)に参加することで社会人としての礼儀や心構えを学びます。

育成プログラム

新入社員は、先輩社員の巡回に同行することで現場を体験しながら、月次監査及び決算監査の手順についてしっかり と学びます。またその中で、会計ソフトのスキルも身に着けます。新入社員には指導係として先輩社員1名が担当 者として付きます。

継続研修

その他月一度の所内における全体研修では、税務会計の他に社会保険に関する知識も身に着けていきます。 また、外部研修にも積極的に参加しています。

エントリーはこちら

社内環境

規律を重んじながらも協調性をもって楽しく仕事ができる職場を第一と考えます

税理士法人 大嶋会計は社員間のコミュニケーションの充実を重視しています。
新年会、確定申告の打上、創立記念、社員旅行、忘年会といった社内行事が行われています。
また、毎月監査チームの親睦会を実施して各監査チーム内の親睦を深めています。
社内設備も充実しており、25名収容可能な研修室、最新の図書が完備されています。
一人当たりの机のスペースは余裕をもって確保され、パソコンはノートパソコン各一台とデュアルディスプレイを採用しており、社員ひとりひとりの仕事環境の整備を常に心がけています。

エントリーはこちら

社員の声

遺された親族の方がご安心して
暮らせるようにすることが
「やりがい」のひとつです。

山田 卓生

現在担当している仕事は?

日々の業務としては、財産評価や相続税申告に関する業務中心になります。その他には、親族間の生前贈与の検討、将来の相続発生の際の納税資金確保のための相続税額の試算、遺言書作成に関するアドバイスなど資産税全般に関する相談業務を担当させていただいています。

仕事のやりがいは何ですか?

相続税申告は大半の方が、何らかの不安を抱えていらっしゃるのが現状です。依頼者の不安や疑問に耳を傾け、ご理解、ご納得していただき、お互いに信頼関係を築き上げていくことで、相続税申告が無事に終了し、残された親族の方がご安心して暮らせるようにすることが「やりがい」のひとつです。

今後の目標は?

相続に関する業務は、民法や相続税法はもちろんのこと、戸籍、建築、道路、都市計画など様々な知識が必要とされますので、常に学ぶ姿勢がなければなりません。相続は、身近な方の「死」から始まります。ご親族の方は、深い悲しみにくれ、心の傷が癒える時間もないままに、相続開始から10ヶ月後に申告期限が迫ってきます。「子どもは何よりも大切な財産」、「妻(夫)は一生大切にするもの」とお考えになったことがあると思います。でも、相続が開始した途端に妻(夫)や子が兄弟姉妹同士で財産の取得を巡って争うことになると、こんなにも悲しいことはありません。「相続」が「争続」にならないように、生前から幸せな相続が迎えられるように、お手伝いさせていただくために、これからも日々、専門知識を身に付けるとともに感性に磨きをかけていきたいと思います。

趣味は?

休日にお菓子を作ることです。(笑)

高めた知識を生かし
もっとお客様の力になれるように
努力していきたいと思います。

飯島 裕介

現在担当している仕事は?

主に法人の決算及び税務申告のため、お客様の会社に毎月お伺いさせていただいて経理状況及び経営状況などを確認しています。その中でお客様の利益に少しでも貢献できるよう様々な話をさせていただいています。現在は小売、卸売、製造等さまざまな業種を担当させていただいています。

仕事のやりがいは何ですか?

お客様と様々なお話をしますが、その中で私の仕事とは直接関係のない事も相談されることもあります。そのような時は頼りにされているのかなと嬉しく思います。また、もっといい話ができ役に立つことができるよう知識を深めなければいけないなと思います。

今後の目標は?

この仕事に絶対に必要な税理士試験の合格を目指しています。難易度が高いので仕事の合間でコツコツと進めてがんばっています。そして、高めた知識を生かしもっとお客様の力になれるように努力していきたいと思います。

休日の過ごし方は?

妻と一緒に買い物に行くことです。

職場の明るい雰囲気と調和を
大切にして行きたいです。

松崎 ひろみ

現在担当している仕事は?

依頼された書類を作成したり、事前準備などを行い、監査担当者が業務をスムーズに行えるようサポートしています。提出業務を管理したり委員会を通じPCの設定なども行っています。

仕事のやりがいは何ですか?

監査担当者のサポート業務を行っているので、「ありがとう、助かりました」と言われたときに一番やりがいを感じ、また頑張ろうという意欲が沸きます。

今後の目標は?

安心して仕事を任せていただけるよう必要な知識を学び、お客様と会社のお役に立てるよう頑張りたいです。
また、職場の明るい雰囲気と調和を大切にして行きたいです。

趣味は?

テニスと旅行です。テニスを始めてからは試合に出ることで多くの方々と知り合うことができ勉強になりました。
休日は家事をしたり、友人と買い物や旅行に出かけるなどしてリフレッシュしています。

しっかりとした根拠のもと
わかりやすく説明できるように
なれたらと思います。

佐藤 太紀

現在担当している仕事は?

月次巡回業務、決算業務が中心です。私はまだまだ新人であるため、これらの業務といっても先輩と同行し、チェックするべきポイントを学びながらその補助をし、重要な事項や難しい案件は上司の指示を仰ぎながら進めさせていただくことが多いです。
日々勉強することが仕事といっても過言ではないかもしれません。

仕事のやりがいは何ですか?

日々の業務で勉強していることを、決算作業や申告業務で何らかの形で活かせたときに成長しているなと実感することです。また、社会人として右も左もわからない私に対して、先輩たちはあきれながらも丁寧に、時に厳しく指導して下さいます。それに応えることもやりがいにつながっています。

今後の目標は?

早く一人前になることです。そのためには税法の知識だけではなく、お客様のニーズにこたえられるような幅広い知識が必要になってくると思います。そのうえで原則を押さえながら、お客様のために何が一番良い選択なのか、しっかりとした根拠のもとわかりやすく説明できるようになれたらと思います。

休日の過ごし方は?

映画鑑賞です。映画館に足を運びますが、雨の日などは一日中家でDVDを観ていることもあります。

エントリーはこちら